社会福祉法人 和進奉仕会
児童養護施設 和進館児童ホーム
社会福祉法人 和進奉仕会
お問い合わせ サイトマップ トップページ
和進奉仕会 > 保育園・児童養護施設 児童ホーム・特別養護老人ホーム 豊生苑 グループ 和進館保育園 > 名古屋市守山区にある70年の伝統ある地域密着型の保育園です。 和進館児童ホーム > 児童養護施設 和進館児童ホーム 守山豊生苑 > ユニット型地域密着型特別養護老人ホーム 守山豊生苑 平田保育園 > 名古屋市西区にある乳児から幼児までをお預かりする保育園です。長時間保育も行っています。 平田豊生苑 > 特別養護老人ホーム 平田豊生苑 ショートステイ、デイケア、配食サービスも行っております。
グループトップ > 和進館児童ホーム > 施設紹介 
施設紹介
交通アクセス
年間行事計画
行事報告
ボランティア活動
ボランティア募集
寄付お礼
採用情報
広報誌 和進
リンク
トップページ
〒463-0065
名古屋市守山区廿軒家13-32
TEL.052-793-0122
FAX.052-792-5183
施設紹介

施設概要 運営方針 施設の特徴 児童養護施設 関連法規 施設マップ 一日の様子


施設概要
和進館児童ホーム
設置、経営主体 社会福祉法人 和進奉仕会
設置種類 児童養護施設
施設名 和進館児童ホーム
施設所在地 名古屋市守山区廿軒家13番32号
施設連絡先 TEL 052-793-0122 / FAX052-792-5183
施設長名 長谷川 晃久
事業開始日 昭和26年4月30日
施設認可年月日 昭和26年4月30日
定款登載年月日 昭和27年5月27日
認可定員 45名
このページの先頭へ ↑



運営方針
【 基本方針 】
児童自身が、日常生活の中で家庭的な雰囲気や自然に親しむ体験を通じ、小さい事柄から選択肢を持ち自己決定を積み重ねることで自立心を養う。「安心」「自信」「自由」を獲得して、児童相互の協調性や思いやりを培いながら子どもたちの抱える問題に対応できるサービスを提供していく。

【 施設観 】
施設は、愛情に満ちた人間関係の中で一人一人が大切にされていることを実感でき、安心して生活できる場所であること。子どもたちの発達が保障される生活指導および支援が得られ、自立へと向かう場所であること。また、子ども家庭支援の場としても機能しなければならない。

【 児童観 】
児童は、かけがいのない生命を持ってこの世に生まれ、ただ一度の人生を歩んでいる。未熟でありながらも多くの可能性を持ち、力強く生きていく力を持っている。したがって、単に保護されるべき存在としてではなく、子ども自身が一人の人間として主体的に生きる権利を保障され、尊重されることによって自立へと向かうのである。

【 職員像 】
私たちは、子どもたちと共に生き、共に歩み、共に育ち合っていくことを基本姿勢とする。子どもの生命と人生に関わる重さを自覚し、子どもの権利を守る主体としての責任と子どもに文化価値を伝達していく使命を持つ。子どもを尊重し、子どもと共感する。また、配慮ある助言、支援をし、モデルになることによって子どもを導いていく。
職員として、自分自身を理解していること、受け入れていること、自己実現していること。その中で子どものニーズを深く理解し、専門的な知識、技術を身に付け、共通基盤の確立を図り、子どもの支援内容の改善と向上を目指すこと。
このページの先頭へ ↑



施設の特徴
【 ユニット紹介 】
45名定員の施設において、幼児は15名の1ユニット、学童は6名の5ユニットで小規模グループケアを実施しています。各職員が担当を受け持つことにより児童・職員相互の信頼関係を深めて、各児童の成長過程に責任を持って支援させていただいています。
ユニットの呼称は幼児ユニットを「ひまわりの家」、学童ユニットを「つくしの家」「たんぽぽの家」「あさがおの家」「れんげの家」「らんの家」としています。
学童ユニットの担当職員においては保育士・児童指導員・社会福祉士(ケアワーカー)が1つのユニットを男女1名ずつで担当することにより、父性・母性の役割をしています。
学童ユニットでは男女混合の年齢も縦割りの構成をしており、児童にほぼ個室を提供することができています。より家庭的できめ細やかな支援を目指しています。
各ユニットにおいて、誕生日会やユニット余暇活動として外出も実施しています。

【 特別養護老人ホームとの合築 】
児童養護施設と特別養護老人ホームとの合築になっております。児童とお年寄りの方とが日々のふれあい中で共に生きていくことをコンセプトに、様々な交流をしています。

【 公文学習の導入 】
児童に学習の習慣と基礎学力の向上を目的として、平成7年から「公文式学習」を導入しています。公文式は年齢に左右されることなく、学力に応じた教材を提供できるため、その子にあった学習プログラムを立てることができます。児童の将来への進路選択の拡大にも繋がっています。

【 ショートステイの受け入れ 】
平成21年度よりショートステイ専用のスペースを確保することができ、定員以外で常時2名の受け入れが可能となりました。地域の子育て支援に貢献しています。

【 児童家庭支援室の活用 】
ホームサポーター(ボランティア)を対象にした交流会を開いたり、研修会を実施しています。また、地域住民の皆様には会議室としても利用していただいています。

【 サポーターの積極的な受け入れ 】
サポーター(ボランティア)の積極的な受け入れを目指しています。
現在、活動しているボランティア団体として、
『名古屋大学児童福祉研究会』…毎週土曜日に児童とのふれあい、行事のお手伝い
『Face to Face』…毎月1回の幼児外出サポート、行事のお手伝い
の皆様が児童の支援サポートをしてくれています。
また、公文式学習支援ボランティアの受け入れもしており、公文式学習の採点や整理をお願いしています。





児童養護施設 関連法規   ※画像をクリックすると、詳細サイトが別窓で開きます。
児童福祉法 (厚生労働省) 児童福祉施設最低基準 (厚生労働省)
 第8編 第1章 よりご覧下さい。  第8編 第1章 よりご覧下さい。
児童虐待防止法 (厚生労働省) 社会福祉事業法 (厚生労働省)
 第8編 第1章 にて検索下さい。  第9編 第1章 よりご覧下さい。
児童憲章 (PDF) 子どもの権利条約 (外務省)
   
トップページお問い合わせサイトマップ和進奉仕会和進館保育園和進館児童ホーム守山豊生苑平田保育園平田豊生苑
前のページへ戻る このページの先頭へ
Copyright (C) 2005 社会福祉法人 和進奉仕会 , All Rights Reserved. 掲載データ・写真の無断転用を禁止します。