社会福祉法人 和進奉仕会
児童養護施設 和進館児童ホーム
社会福祉法人 和進奉仕会
お問い合わせ サイトマップ トップページ
和進奉仕会 > 保育園・児童養護施設 児童ホーム・特別養護老人ホーム 豊生苑 グループ 和進館保育園 > 名古屋市守山区にある70年の伝統ある地域密着型の保育園です。 和進館児童ホーム > 児童養護施設 和進館児童ホーム 守山豊生苑 > ユニット型地域密着型特別養護老人ホーム 守山豊生苑 平田保育園 > 名古屋市西区にある乳児から幼児までをお預かりする保育園です。長時間保育も行っています。 平田豊生苑 > 特別養護老人ホーム 平田豊生苑 ショートステイ、デイケア、配食サービスも行っております。
グループトップ > 和進館児童ホーム > 行事報告 
施設紹介
交通アクセス
年間行事計画
行事報告
ボランティア活動
ボランティア募集
寄付お礼
採用情報
広報誌 和進
リンク
トップページ
〒463-0065
名古屋市守山区廿軒家13-32
TEL.052-793-0122
FAX.052-792-5183
行事報告
名大祭 2017年6月11日
 毎週土曜日、名古屋大学福祉研究会(福祉研)の学生さんが子ども達と遊んでくれます。
  その福祉研の学生さんが、今年も名古屋大学の学祭(名大祭)に招待をしてくれました。
 子どもたちは、自分たちのお小遣いを持っていき、好きな物を食べたり、好きな物を買ったりして過ごします。大学といういつもとは違う雰囲気に戸惑う子どももいますが、毎週遊んでくれる福祉研の学生さんがマンツーマンで一緒に名大祭を回ってくれる為、とても安心です。
 このような日常とは違う環境で過ごせることは、子ども達にとって貴重な体験になります。
 福祉研の学生さん達、いつも招待してくれてありがとうございます♪〜
 これからもよろしくお願いします!


                                                      ケアワーカー 鳥濱 智香子

GWレク 2017年5月6日
 今年もユニットごとに分かれてGWを過ごしました。
 自分は小学生男の子3名と豊田市にある鞍ヶ池公園へ!
 天気予報が雨だったので行けるのか心配していましたが、何とか曇り。自分の中で「子ども達と外で思いっきり遊びたい」という気持ちから公園にしましたが、こちらが思っている以上に子ども達が喜んでくれました。鞍ヶ池公園には児童館の他に動物園があったり、水遊びが出来たりします。子ども1人ひとりが行きたいところが違うため、どうすればけんかをせず遊べるのかを子ども達が考え、順番に公園内を回っていました。
 例年、「ボーリングや映画鑑賞」へ行っていましたが、一緒に行く子どもの年齢・性格に合わせて行動することで子ども達の満足感も変わります。
 来年はさらに子ども達がワクワクできるような所に行きたいと思います。
 今から楽しみです☆


                                                       ケアワーカー 小島 和人

入園式 2017年4月10日
 春といえば、桜!桜といえば・・・、そう!入園・入学の時期です。今年、ホームから入園・入学する子は9名います。
 私が担当している幼児ユニットでは2名の子が幼稚園入園です。
 幼稚園入園に向けて各担当職員は入園に必要になる手提げ袋・コップ袋などせっせと準備します。私自身初めての経験だったので入園準備ってこんなに大変なんだと実感しました。
 入園式当日、子ども達は朝からそわそわ。しかし、新しい制服に袖を通すと、何だか少しだけ気持ちがお兄さんになり、胸を張っている姿を見るととても格好良く見えました。幼稚園に到着すると、「幼稚園はどんな所なんだろう?」と期待・不安で落ち着かない姿や緊張からいつもより口数が少ない姿になりました。しかし、幼稚園の温かい雰囲気・ニコニコ笑顔の先生に出迎えられ、入園式が終わるころには園庭の遊具で元気に遊ぶ姿が見られ、一安心しました。
 これから入園した子どもたちにとって幼稚園が楽しい場所になるように願っています♪
 また、子ども達から幼稚園で「こんなことがあった!」、「今日は○○して遊んだ」等話を聞ける日が来るのを楽しみにしています☆
 これからも職員一同、幼稚園での様子を気に掛けながら子どもたちの成長を見守っていきたいと思います。

                                                      ケアワーカー 佐藤 ゆめの

送別会 2017年3月24日
 長年、ホームで生活をしていた男子児童が高校を卒業し、春から社会人として新しい道に進むことになりました。そのため、退所していく前にホームを挙げて送別会を行いました。
 送り出される本人の思いも込み上げるものがあり、送り出す子ども達や職員もまた、様々な思いを抱きながら会は進んでいきました。終盤、主役の男子児童が、今までの思い出や感謝の気持ちを立派に話している姿を見て、担当として号泣してしまいました。男子児童は施設での生活が15年と長く、色々なことがありました。担当として男子児童と言い合ったり、ふざけ合ったり、真面目な話をしたり・・・とどれも良い思い出です。男子児童の姿を見て、改めて成長を感じました。まだまだ未熟さがあり、親代わりとして心配な気持ちでいっぱいですが、「頑張れ!」と背中を押して送り出せたと思います。

                                                      ケアワーカー 近藤 祐太

小学生スキー 2017年2月25日〜26日
 子ども達が待ちに待った小学生スキーの季節がやってきました!場所は、毎年恒例のひるがの高原スキー場です。
 私自身が初めての宿泊行事の引率ということで、とても楽しみにしていました。行きのバスの中から雪山を見て興奮する子ども達が多く、毎年お世話になっている旅館の水芭荘さんに到着してからも「早く滑りたい〜」と子どもたちが職員をせかす場面もありました。
 スキー場に着いてからは、まずは初心者コースから・・・と思いきや、いきなり上級者コースに行ってしまう子もいて驚きました。スキー初心者の子は、職員や名古屋大学福祉研究会の学生さんにマンツーマンで見てもらって1から教わっていました。昼食はレストランで1人ひとり好きな物を選んで頼みます。その後も時間ギリギリまで何本も滑っていました。旅館に戻ってからは、用意してくださった鍋を皆で美味しく頂きました。夕食後、各自持ってきたお菓子を広げ、お菓子パーティー☆寝るまで部屋のこたつでゴロゴロしながらテレビを見てまったりしていました。2日目は朝早くからスキー場に出向き、昼過ぎまで滑りました。1日目で滑れなかった子もいつの間にか滑られるようになっていました。
 2日間とも天気に恵まれて怪我もなく、楽しく滑ることが出来ました。私も引率してみて、普段の生活では見られない子ども達の新たな一面を見ることが出来たので良かったです。
 最後に…水芭荘の皆さん・ひるがの高原スキー場の方・名古屋大学福祉研究会の学生さん、いつも本当にありがとうございます!!来年もお世話になると思いますのでよろしくお願いします。

                                                       ケアワーカー 原田 陽和
トップページお問い合わせサイトマップ和進奉仕会和進館保育園和進館児童ホーム守山豊生苑平田保育園平田豊生苑
前のページへ戻る このページの先頭へ
Copyright (C) 2005 社会福祉法人 和進奉仕会 , All Rights Reserved. 掲載データ・写真の無断転用を禁止します。